>

BLOG

臨床美術・オニの顔レリーフ

臨床美術ワークショップ・ねんどで作るオニの顔レリーフを開催し、
粘土や布を使いさまざまな表情の鬼を制作しました。


粘土をこねて、
指で押したりつまんだり、

平たい粘土がだんだん顔に見えてきます。


目を入れて、


さらに歯や角を付け、
ぐっと鬼らしくなってきました。

他にも、
髪を表現してみたり、


ころころ丸めた粘土で螺髪風


こちらは布で、さらさらの髪の毛が付きました。

さらに眉毛等を付け、
思い思いに鬼の顔を表現していました。


とっても優しそうな顔になったり、


こちらは凛々しい顔をしています。

ヒゲや蝶ネクタイが付いて、おしゃれな鬼もいましたよ。

こんな目力が凄い鬼も!

一人一人がまったく違う表現で、
講師の私も、見ていてとても楽しかったです。
参加者の皆様、誠にありがとうございました。

コメントはありません

コメント